ひさしぶりにお目見え、ジョウビタキ2019年03月03日 09:49


うちの庭にジョウビタキがやってきました
すっかり春めいてきた今日この頃ですが、きのうわが家の庭にジョウビタキ(♂)が現れました。秋から春にかけて日本に滞在する渡り鳥とのことです。そろそろ旅支度をして、北へ出発することになるんですね。
マロンがいなくなって、さんぽをしなくなったので、野鳥や野草を目にする機会が無くなってしまいましたが、こうやってやってきてくれるのは、うれしいものです。
ねこにやられないように、気をつけて!

・・・・と、この記事を書いている途中に、今度はメジロが現れました。動きがすばしっこくて撮影失敗。こちらはまたの機会としましょう。


お気に入りの場所は?2019年02月17日 17:36


テンのお気に入りの場所は?
居候ネコファミリーのアイドル:テン(♂:昨年春生まれ)のお気に入りの場所は、鳥かごの上のスペース。ゴザクラインコのこざお(たぶん♀)とひとしきり戯れたあと、安全な場所でこざおをながめながら、ウトウトするのがマイブームのようです。コザオとテンの戯れている様子は、さしずめ「トムとジェリー」のようです。もちろん、鳥かごの柵があるからこその「戯れ」なのですが・・・・。(なければ大惨事?)


コムギとコザオ2018年11月03日 23:57


コムギとコザオのにらみ合い
先月は5回しかUPしない低迷状態となってしまいました。しごとのバタバタは続いていますが、今月は気持ちを入れかえて、ブログ更新したいと思います。
今月の1回目は、日曜日夜にTVよこで起きていた熱い闘い?
居候ネコのコムギがTV台の上に乗っかって、コザオ(コザクラインコ)をじっと見ています。「やるのかっ!」とコザオも応戦の構え。はたしてこの結末は・・・・。なんてことはなく、今回はにらみ合って終わりました。おとなのネコたちは、コザオを見向きもしませんが、コムギ(1歳半)はまだ子ども心が残っているのかな?


こざおもウトウト・・・・2018年05月20日 16:13


こざおもウトウト
日曜日の昼下がり、昼ご飯でお腹がみたされて、季候も良く、家族みんなウトウト・・・。コザクラインコのコザオも、いっしょにウトウト・・・・。
オートフォーカスのデジカメでは、なかなか鳥かごのなかの鳥にピントをあわすのはむずかしいのですが、マニュアルフォーカスでピントピッタリ!さっすが、LUMIX FZ200・・・・・と感心していたら、今どきのスマートフォンかめらにもMF機能が付いていてびっくりです。(SONY Xperia XZs )。



春到来はまだまだですが・・・・2018年01月22日 23:46


ウグイス来訪
日曜日の朝、なにげなく外を眺めていると、なにやら物体が上から落ちてきたような・・・・。よく見ると、小さな鳥が庭木の枝でごそごそしています。「シャッターチャンス到来!」とFZ200を取り出し撮影。枝に隠れて、なかなか全貌を捉えることが出来ませんでしたが、どうにか写ったのがこの1枚です。
どうやらわが家の庭に来てくれたのは、ウグイスのようです。ホーホケキョと春を告げるにはまだ早いですが、ちゃんと近くで美声の出番を待ってくれているようです。


浜辺のほっこり:カモメの学校2017年12月03日 17:19


カモメのひなの集団を見つけました
カメラをもってさんぽ。海辺編です。カモメのひなの集団に遭遇しました。これまでマロンとさんぽで何十回ときていますが、カモメのひなを見つけたのは初めてだと思います。

親どりと比べると、こんなにちっこいんです
親どりと比べると、こんなにちっこいんですよ。

別の集団もやってきて・・・
しばらくながめていたら、別の集団がやってきて大所帯になりました。カモメは親どりも集団行動しているだけあって、こどもたちも小さい頃からちゃんと集団行動なんですね。


ジョウビタキ来訪2017年12月02日 10:29


ジョウビタキ来訪
前の日曜日のことですが、うちの庭木にジョウビタキがやってきました。ちょうど居候ねこたちもいなかったようで、しばらく辺りを見渡していましたが、あわただしく飛び去ってしまいました。こちらもあわてて、カメラを取りだし2枚撮影したうちの一枚です。


マロン散景改め「道端ながめ」2017年11月18日 06:49


黒いアヒル?
寒くなったこともあって、朝方にトイレに行きたくなることが増えてきました。せっかくのお休み、しかも雨なのでゆっくりと寝ていたいのですが、身体は受け付けない-一度起きたら、もう眠れない。ということで、今朝もいつも通りに起きてしまいました。
雨なので、先週から始めた”ひとりさんぽ”が出来ないので、先週のさんぽで見つけたネタを紹介します。
マロンとさんぽするようになって気がついたことは、このあたりは以外に野鳥の宝庫(と言うほどでもないけど)だということ。これからの時期、いろんな渡り鳥が立ち寄ったり冬の間いたりしているようです。

朝ご飯の最中です
最近、近くの川に見慣れない鳥が1羽、ぽつんと浮かんでいるのを見かけるようになりました。わが家では勝手に「黒いアヒル」と呼んでいるのですが、くちばしが黄色くてからだが真っ黒。いつもひとりぼっちでさみしそう・・・・。
先週のさんぽでも発見。さっそくカメラで撮影。家に戻って調べてみると・・・・。手持ちの野鳥図鑑から「オオバン」という鳥ではないかと思われます。額の白い模様が特徴的。成長はもっと大きいのですが、どうやらまだ子どものようです。集団からはぐれてしまったのでしょうか。この辺りの川は魚は豊富にいますので、こうやって自分で捕獲できるなら、暮らしていけると思いますが。もといた集団に再会できるかな。


コザオとコムギの危険な遊び?2017年10月22日 18:17


なにを狙っているのか?
いつの間にか居候ねこチャッチビィの子ども(たぶん♂)はコムギと呼ばれることに・・・・。このコムギ、わが家の居候ねこのなかで一番いたずら好き。最近は家に侵入後、カーテンで戯れるようになりました。そして、コザクラインコのコザオとの対決?も日課になりつつあります。
狙っているのは鳥かごの中のコザオでした
コザオも気が強いようで、ねこの襲来に負けていません。逃げるどころか、コムギと真っ向勝負です。
二匹とも本気なのか遊びなのか?
そんな訳で、ややヒヤヒヤしながらではありますが、本気なのか遊びなのかわからない二匹の戯れをながめている次第です。


コザオはやっぱりメスか2017年06月17日 12:39


名前はコザオですが、レディです
さて、わが家の「とり」といえば、コザクラインコのコザオです。もともと奥さんの実家で飼われていたのですが、冬に暖房のない小屋では寒いだろうと、わが家に疎開してきました。

睡眠中
コザオという名前はオスだから・・・という訳ではありません。よくわからないでいたのですが、折込チラシを与えると上手にコヨリ状に撚って、自分の背中にさす動作をすることから、メスだと判明しました。女性の名前も”タマオ”とか”ナナオ”とかありますので、まあ”コザオ”でもいいのではないかと。
(自分が撚ったコヨリをくわえている姿を撮影しようと試みましたが、うまく撮せずにいます)