BKMAK150と笠井40mmの組合せで(2)2020年11月22日 23:44


M32は入りますが全体像まではまだまだ・・・
SkyWatcherのマクストフカセグレンBKMAK150は、口径150mm・焦点距離1800mmでF12。惑星撮影には良さそうですが、逆に星雲星団の撮影には暗くて不向き?でも縮小コリメート撮影なら、LX7のレンズと接眼レンズの組合せで、明るいF値が得られ1分以下の撮影が可能なはず・・・・。
今回、笠井トレーディングのSV-40mmとの組合せでは、倍率45倍/合成F値F1.4とLX7最高のF値が得られます。ちょうどED103Sとよく使う17mmの組合せが47倍なので倍率は似た感じですが、このときはF2.1なので口径が大きくなった分明るくなってます。ということで、冒頭のアンドロメダ大星雲。32mmでは視野に入らなかったM32が視野に入ってきました。が、M31はまだまだ収まらず・・・・。

少し二重星団らしくなりました
二重星団は少し視野が広がったおかげで、"二重"らしさがわかるようになってきたかな。でも収まったとはいえないなあ。

なんか変な光が写っちゃったぞ・・・
オリオン座の大星雲は、だいたい収まってきました。今回、なにやら余計なゴースト?が映り込んでしまいました。実は、撮影場所の東側に電柱の街灯があり、今回M45撮影でも映り込みが発生。やはり、マックやシュミカセにはフードが必要なようです。

かに星雲も撮影してみました
最後に視野の収まりとは関係なく、M1かに星雲。こちらは、もう少し倍率あげて撮影したいところです。
ということで、コントラストの良さもあって、けっこう星雲星団撮影もイケることが確認できました。しばらく、他の鏡筒の出番はなさそう・・・・。



BKMAK150と笠井40mmの組合せで(1)2020年11月22日 10:02


BKMAK150と40mmで
先回は40mmアイピースを探し出せず、32mmを使いましたが、大きな星雲星団は視野に収まりきらず・・・・。ということで、昨晩はあらためて40mmで大きな星雲星団撮影に臨みました。
まずは、月齢6の月を撮影。屈折のED103Sに比べBKMAKは輪郭すっきり。口径が大きい分、分解能もよくなっていると思うので、なんとなく写り映えのよい印象です。
今回は画像処理なしの月だけ。星雲星団は、これからぼちぼちと画像処理をおこなっていきます。

<機材>
・SkyWatcher:BKMAK150+笠井SV-40mm
・ビクセンGPD+Skywatcher:GOTOアップグレードキット
・Panasonic:DMC-LX7
<撮影条件>
・感度:ISO100
・絞り:f/1.8
・露出時間:1/250秒



隠し球?偶然の産物?それはM332020年11月16日 23:54


かなり大胆な補正を行いましたが・・・・
昨日の記事に盛り込まなかった画像がひとつ。それがこのM33です。8枚のコンポジットをかなりムチャなトーンカーブ補正をかけたものですが、けっこう見栄えのする星雲像になりました。
元画像がコレ。
元画像の1枚(いわゆる撮って出し)がコレなので、かなりの修正画像?とはいえ、今回も光量ムラの補正は行っていないので、きちんとした補正ステップを行えば、いいものになりそうな予感・・・・。BKMAK、惑星だけでなくDeepSkyもイケそうですっ!


「マック」で星雲星団試し撮り2020年11月15日 17:29


アンドロメダ大星雲は収まりきらず・・・・
「マック」といっても、MacではなくてマクストフカセグレンのMAKです。F12ということで、星雲星団を眼視するには不向きなタイプですが、「縮小コリメート撮影ならけっこうイケるのでは?」。問題は合わせる接眼レンズ。笠井の40mmがあったはずなのですが、久しく使っていなかったのでどこかにしまったまま、探し出すことができず・・・・。今回は笠井の32mmで撮影しました。PanasonicLX7との組合わせでの合成Fは1.8。F12の鏡筒でも、明るくクリアな画像が撮れそうな期待・・・・。ただ倍率が大きいので、大きい星雲星団が視野に収まってくれるかです。冒頭のアンドロメダ大星雲はご覧の通り視野に入りきらず。M32ですら入りませんでした。じゃあ、大きめの星雲星団を続けて観てみると・・・・。

二重星団もはいりませ~ん
二重星団も残念ながら収まりきらず。

すばるはもうなんだかわからない感じ
M45「すばる」もなんだかわからない・・・・。

オリオン座大星雲はもう一歩です
オリオン座が姿を見せ始めたので、大星雲M42も試し撮り。う~ん、おしい!40mmならイケそうです。

ということで、大きい星雲星団は次回40mmでもう一度試してみることにして、逆に小さめのメシエ天体を狙ってみました。
小型の散開星団M103はいい感じです
カシオペア座にある地味な散開星団、M103。いつもなら、クチュクチュッと小さく固まった感じですが、少し広がりが出て星団らしくなりました。3つの明るい星ならびがチャームポイント?

散開星団M52もちょうといいサイズです
同じくカシオペア座のM52。細かい星の集まりですが、構図的にはいいサイズになりました。

球状星団も撮ってみました
球状星団を撮らないと・・・・ということで、メジャーですがペガスス座のM15。これは次回もっと拡大して撮りたい対象です。

惑星状星雲M1かに星雲もいいサイズです
M1:かに星雲は、まだ高度が低いので大きさだけ確認。構図的にはいい感じですが、こちらも次回は拡大して撮ってみたいですね。

今回は光量ムラ補正なしでコントラスト調整のみの画像処理なので、見栄えはイマイチですが、おおむね感触がつかめました。(机上というかPCで計算すればわかることなんですが・・・・・)。
今回BKMAK150で星雲星団を写してみて、"短筒"の使いやすさを改めて実感しました。先日、反射鏡の使いづらさを思い知らされたので、よけいそう感じたのかもしれません。でも、ED103Sよりも使いやすいのは間違いない!そう考えると、マクカセやシュミカセの6インチあたりは入門用にちょうどいいのかもしれません。CMOSカメラの普及で、星雲星団の撮影が身近になってきたこともあり、ますますそうなるのでは?ただ、ピントの微調整はなんか対策が必要ですけど・・・・。


四日市あすなろう鉄道カレンダー11月版公開2020年11月10日 23:48


四日市あすなろう鉄道カレンダー11月版
今月は少し遅れたそうですが、四日市あすなろう鉄道カレンダー11月版がアップされました。一見、なにげない走行写真ですが、秋らしくすすきとなろう車両との共演です。
ダウンロードはこちらから。http://www.ytt.or.jp/2020_CALENDAR/YTT202011.jpg


やっと見つけた!加藤サイクルのトラック2020年11月08日 17:25


やっと見つけたのはマツダT600
昭和の鉄道模型レイアウトにはダイハツミゼットがよく登場しますが、ミゼットの荷台は狭めで自転車が積めそうにありません。加藤サイクル店の商売用トラックにあうものは・・・・と探していて、たどり着いたのは「マツダ T600」。TOMYTECのHO用として販売されていた?もののようで、カラーも何種類かあったようです。某オークションで見つけたピンク色のさび仕様を入手。さすがにこのままでは使えないので、それらしい色に塗り替えました。

お店の車庫にもうまくおさまりました
お店横の車庫にもぎりぎり収まりました。

店先に停めても、お似合いです
当レイアウトにもなかなかお似合いです。
コロナの一時帰休期間に一気に製作しましたが、仕上げも間近の段階まで来て、製作はSTOP状態のままになっております。自転車屋のくるまも準備できたので、少しずつ仕上げの手を入れないと・・・・・。



こんなところに!すっかり忘れてた・・・・2020年11月07日 23:23


全50冊、約800ページを一気に電子化
部屋を片付けていたら、物置化していた本棚から『昭和の鉄道模型をつくる』の資料の束がでてきました。「こんなところにしまってあったんだ・・・」と、いまさら気づきました。
せっかくなので、スキャナで電子化。ハードは廃却しますが、永久保存版となりました。


「とれいん」誌11月号購入2020年11月06日 23:53


とれいん誌の「楽」記事がいいです
久しぶりに、鉄道雑誌「とれいん」を購入しました。理由は、近鉄団体用車両「楽」の記事。このたび団体専用車両「楽」がリニューアルされ、今月の鉄道関連雑誌にはこぞって紹介記事が掲載されました。その中で、「とれいん」誌の内容がいちばん参考になりそうだったから。
今回、外観はシックに内装はゴージャスにリニューアルされました。私としては、以前の外観の方が好きなのですが・・・・・。近鉄の特急車両「しまかぜ」や「ひのとり」は、すぐ模型が発売されましたが、「楽」はK・T・M・G社どこからも販売されることなし・・・・。今回のリニューアルを機に、新旧模型化期待します!


ハロウィンの夜空の星2020年10月31日 23:55


マクストフのすっきり画像いいなあ
今夜は大丈夫と思っていましたが、撮影途中で雲がかかってきてしまいました。それでも・・・・と、月と土星と火星を撮影しました。
せっかくGetした旧型R200SSですが、なかなか反射鏡は使いにくいと思っていたところへ、もともと狙っていた長焦点のマクストフがヤフオクに登場したので、がまんできずにポチってしまいました。
というわけで、今夜はBKMAK150のデビュー戦です。満月とはいえ、影側の輪郭部のくっきり感はさすが!

100枚近いスタックのおかげ
惑星のピント合わせはやっぱりむずかしい!それでも今夜の土星はカッシーニもきっちり表れて、なんとかさまになったかな。

今夜はこれが限界・・・・・
うっすら雲がかかっているためか、火星はこれが限界でした・・・・。


「あったかいは力だ。」・・・『ここにいるよ』とコラボ?2020年10月23日 23:58

と思ってしまったのは、ユニクロのヒートテックTVCM。いよいよ、ヒートテックシーズン到来ということで、ユニクロ新CM第一弾は中島みゆきさんの「ファイト!」が流れる映像です。おもむろにみゆきさんの「ファイト!」がTVから聞こえたので、「あれっ?」と思ってTVを見ると、「あった会は力だ。」・・・・新しいBOSSのCMか?と思ったら、ユニクロのCMでした。すでに19日から放送されているとのことです。